実際に教室に行ってみよう

お子さんを体験入学させなくてもわかる事

資料の上では何となく良さそうな内容だし、ホームページに載っている写真も素敵だし、ここ、いいかも!と思える教室が見つかったら、実際に行ってみましょう。
最初からお子さんを体験入学させなくても、親御さんが事前にチェックできることはたくさんあります。
例えば、通学ルート。
もちろん0-6歳のお子さんを預ける場所ですから、親御さんが送り迎えをするでしょうが、その通学ルートは安全なのか、行きにくい場所や遠すぎる場所だと、お子さんが気に入ったとしても送迎する親御さんの気持ちがのらなくなることも。
また、実際に教室の先生に教室の説明などを聞いてみるのもいいでしょう。
どんな雰囲気の先生たちがいるのか、声のトーンは、教室のセキュリティは、そして規模などは要チェックです!

実際にトライアルに出してみる

教室見学や先生と話をしてみて、やっぱりこの教室よさそう!と思ったら、お子さんを体験入学させてみましょう。
教室によっては体験を受け付けていないところもありますので、ご確認下さい。
どんなに表面上、魅力的な教室であっても、子供同士で仲良くやっていけそうか、また、送迎で毎回顔を合わせていくことになる他の親御さんたちと、自分自身もうまくやっていけそうな雰囲気なのかもチェック項目の一つにいれておきましょう。
トライアルに出す段階まできていると、親御さんはその教室に入れてもいいかなという気持ちでいっぱいで、ネガティブなところに目がいかなくなってしまうこともよくあります。
冷静にジャッジしましょう。
トライアル終了後はお子さんとよく話し合って下さい。
一方的に押し付けすぎると、どんなにいい教室でもお子さんが拒否反応をしめし、伸びるものも伸びなくなってしまうという最悪のケースにもなりかねませんので気を付けましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ